スポンサードリンク

ホコウエイ根エキスと発毛

ホコウエイ根(タンポポの根)エキスに育毛・発毛効果があるとされています。ホコウエイ根(蒲公英根)エキスが含むチコリ酸に、肝細胞増殖因子(HGF)産生促進物質としての作用があることが確認されています。



肝細胞増殖因子(HGF)は、様々な細胞に対して、細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス(細胞死)、形態形成誘導、血管新生など組織・臓器の再生と保護を担う多才な生理活性を行う因子なんです。



髪の毛は「成長期・退行期・休止期」という毛周期を繰り返しています。それは、すべて、頭皮の毛包という部分で行われます。肝細胞増殖因子(HGF)が直接毛包の細胞に働くことで、毛髪の再生に効果を発揮すると思われます。



頭髪が失われるのは、この毛周期において休止期のままの状態が続くことと考えられています。したがって、肝細胞増殖因子(HGF)が直接毛包の細胞に働くことで、再び成長期を迎えることが出来れば自ずと頭髪の再生がなることになります。



さらに、ホコウエイ根エキスには、レペチン、トルコヒアリン、インボルクリンという3つの毛包強化タンパク質の同時産生を促進する効果があるとされていて、髪を支える鞘の部分(毛包)から強くすることによって、髪にハリやコシを与えることが出来るとされています。

ホコウエイ根エキス 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。