スポンサードリンク

プラセンタと育毛

プラセンタが、育毛に効果があるとして、愛用が広がっています。プラセンタは、インスリン様成長因子(IGF)を含んでいます。インスリン様成長因子には、1と2があり、そのうちの1のほうのインスリン様成長因子ー1には育毛効果があるという研究があります。



名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授によると、インスリン様成長因子-1(IFG−1)産生を増加させると、育毛、および肌の老化防止作用に効果があるとしています。IFG−1の血中濃度は13歳〜17歳がピークでそれ以後減り続け、50歳で底値になります。



インスリン様成長因子1(IGF-1)は成長ホルモン(GH)による刺激の結果主に肝臓で分泌されています。そして、IGF-1の影響力は人体の殆どの細胞、特に筋肉、骨、肝臓、腎臓、神経、皮膚及び肺の細胞に及んでいます。そして、IGF-1は、インスリン様効果に加え、特に神経細胞に顕著ですが細胞の成長と発達そして細胞のDNA合成を調節しているとされています。



したがってインスリン様成長因子1(IGF-1)を増やすことがアンチエイジングとなるとされているんです。しかしながら、近年スポーツ選手が筋肉増強や疲労回復、脂肪を減らすなどの効果を求めてインスリン様成長因子1(IGF-1)を使用していると言われています。この場合、無差別に細胞性徴を促すため脳浮腫や、血糖値が急激に下がることで昏睡状態になる危険性が指摘されています。ドイツの重量挙げ選手が、過度のIGF1使用と疑われる症状で死亡した例も報告されているようです。



プラセンタの場合は、インスリン様成長因子1(IGF-1)だけを突出して摂ることはないので育毛の効果を期待できても悪影響を心配することはなさそうです。しかし、何事も適量が基本ですから過剰に取りすぎることのないようにしたいところです。

プラセンタ サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。