スポンサードリンク

育毛剤のアランテ

育毛剤のアランテが人気です。ヨウ化ニンニクエキスを主成分としているようです。この成分は、ニンニクの茎から得られるエキスにヨウ素やエタノールを加え、濃縮したエキスです。主成分はアリインのヨウ素化誘導体です。抗菌作用、血行促進作用、美白作用があるため、皮膚機能を高める目的で基礎化粧品や育毛剤にも広く使用されています。



アリインは、にんにくの臭いの素となるアリシンの前の状態の成分です。非常に抗酸化力の強い成分です。したがって、アランテのキーワードは抗酸化力といえそうです。これは、プロアントシアニジンと共通しています。プロアントシアニジンは体の中から抗酸化力を発揮するのですが、アランテは頭皮に直接塗付することでそれを実現するようです。



育毛でお悩みの方には、サプリメントに不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。そんな方はアランテを試してみてはどうでしょうか。使用されている成分は特に害となりそうなものはないようですし、においも気にせずに済みそうですから、試してみるには障害は少なそうです。また、男女を問わず使用できるというのも魅力です。


頭皮には「毛包」という部分があり、ここに髪の毛が生えるための栄養が毛細血管を通る血液によって届けられます。そこには毛乳頭があり、その毛乳頭が届けられた栄養分を使って新しい髪の毛を作ります。毛乳頭は毛根の根元にあるふくらんだ部分の中心で、根元の丸い部分は「毛球」と呼ばれています。



健康な髪の毛は「成長期・退行期・休止期」という毛周期を繰り返しています。長くて7年ほど、短くて2年程度で髪の成長期は終わり、ゆっくりと退行期に入ります。退行期は2〜3週間で、退行期が終わると休止期です。休止期に入ると次の毛髪が生える準備をしていますから、新しい髪の毛に押される形で自然に抜けるのです。休止期は数ヶ月でその後、髪はまた成長期に入り成長をはじめます。



何らかの理由で毛乳頭が休止期にはいったままになると脱毛だけが進行することになります。その原因のひとつが男性ホルモンだとされているわけです。しかし、原因はそれだけではなさそうだというのはみなさん経験的にご存知のことです。



今、そのひとつに、活性酸素が注目されているわけです。ですから、それに対抗するためにも抗酸化作用のより強力なものが求められているんです。


アランテ 最新一覧 By 楽天


スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。