スポンサードリンク

育毛とパルテノライド

男性型脱毛症というと、男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結び付いてできる、ジヒドロテストロン(DHT)という男性ホルモンによって引き起こされるとされています。


サプリメントが人気のノコギリヤシや、医師の処方で投薬されるフィナステリド(プロペシア)は、テストステロンと5αリダクターゼが結合するのを抑制することで、ジヒドロテストロン(DHT)の生成を阻害するので脱毛予防に効果があるとされているんです。ということは、どちらも脱毛を予防することで自然に毛髪が増えるのを待つということです。


ところで、この男性型脱毛症の原因物質の「DHT」が過剰にあるところでは、NF-κBが活性化していることが分かり、これを抑制する事で発毛を得ることができるといわれています。NF-κBは、nuclear factorκBの略です。転写因子の1つで、特に炎症や免疫に関連する蛋白質を作り出すときに働きます。


発毛とNF-κBの活性化を抑制することとの因果関係は今のところわかりませんが、パルテノライド(Parthenolide)というセスキテルペンが、NF-κBの活性化を強力に阻害することが報告されています。


このパルテノライドという物質は、フィーバーフュー(Tanacetum parthenium,ナツシロギク,夏白菊)というハーブの主成分です。ナツシロギクは西アジア・バルカン半島原産の観賞用・薬用として栽培されるキク科の多年草(ハーブ)で、ヨーロッパや北米などでは野生化したものが見られます。欧米では古くから偏頭痛や発熱・めまい・リウマチ性関節炎に効果があるハーブとして愛用されています。


このパルテノライドが注目されることとなったのは、大阪大学医学部にあります。パルテノライドに乳がんの転移を抑える働きがあるとしたアメリカの論文をもとに、大阪大学医学部がマウスを使用した実験でその効果を確認し、同時にリウマチの炎症を抑える効果も確認できたので、関節痛の人に飲んでもらったところ、毛の薄い頭部から産毛が生えたとの報告が相次ぎ、発毛効果があることが分かったというのです。


それは、約1ヶ月という短期間で育毛剤以上の結果が出たとされ、使用者は少ないながらも、全員に発毛効果がみられ、中には10年以上毛の無かった部位に毛が生えた人もいたというものです。その後の実験で男性型脱毛症の患者30人に数ヶ月間飲んでもらったところ、約8割に頭頂部の増毛効果が見られたとの報告があります。


ところで、気になるのが脱毛対策としてのパルテノライドの摂取量です。これは摂取量が多すぎても効果を発揮しないようです。マウスでの実験では、体重1kgあたり888mgを摂取した場合はほとんど効果が無く、1/4の量(約222mg)では劇的な効果が見られたとされています。現在のところ、アメリカ産ナツシロギクを原料にした0.8%のパルテノライドを含む320mgのカプセルを1回2錠、1日3回服用することを推奨しているようです。


パルテノライド・サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。