スポンサードリンク

ヒノキチオール

ヒノキチオールは、抗菌力を持ち、円形脱毛症の治療効果や毛髪発育の促進作用がある成分として、育毛剤に広く使用されています。



ヒノキチオール(英: Hinokitiol)は、1936年に野副鐵男博士により、タイワンヒノキの精油成分から発見されたもので、国内では、青森ヒバ(ヒノキアスナロ)に含まれ、意外にも、日本の檜にはほとんど含まれていません。



ヒノキチオールには、古くから「ヒバの不思議」として知られる薬効があり、民間療法として樹液が火傷や切傷の薬として利用されてきました。



ヒノキチオールの薬効は、強力な殺菌・抗菌作用と炎症を鎮める優れた消炎作用、強い皮膚浸透作用そして細胞の新陳代謝活性化作用によります。しかも、これらの作用がお互いに協同しあってマルチシナジー(多重相互協同作用)効果を発揮し高い効能をもたらします。



ヒノキチオールの育毛作用としては、殺菌作用によるフケ・かゆみの抑制や、抗炎症作用による頭皮の炎症の抑制、そして、頭皮細胞の新陳代謝の正常化が考えられます。また、ヒノキチオールには、5α-リダクターゼ抑制効果があるとされていますが、抑制効果はフィナステリドの1000分の1程度といわれています。



ヒノキチオールは水には溶けにくい有機化合物で、100ppm程度の低濃度でも多くの雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える強い抗菌・殺菌作用があります。しかし、人体への悪影響はなく青森ひば油由来の天然ヒノキチオールは、食品添加物(保存料)にも認可されています。



さらに、ヒノキチオールはアミノ酸のチロシンに働いてしみ・そばかすとなる、黒褐色の色素メラニンを作り出す酵素のチロシナーゼの活性を抑える働きもあるなど、高い美容効果を期待できます。



ヒノキチオールのこうした類いまれな効果効能は、育毛だけでなく、さまざまな分野でも注目され、広く価値を認められています。

ヒノキチオール 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。