スポンサードリンク

AGA

AGAは、Andro Genetic Alopeciaの略称で「男性ホルモン型脱毛症」のこと、一般的には、男性型脱毛症を意味します。



AGAは思春期以降の成人男性(20代〜50代)によくみられる髪が薄くなる状態で、 額の生え際(M字ハゲ)や頭頂部から髪が薄くなっていくのが特徴です。



一般的に遺伝や男性ホルモン、生活習慣などが主な原因と考えられ、抜け毛が増えて、 薄毛が目立つようになるなどの悩みを持つ男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)といえます。



これに対してFAGA(Female AGA)は、「女性男性型脱毛症」を指します。男性型脱毛症のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなります。しかし、完全な禿髪になることは稀なところが異なるところです。



そして現在、日本全国で薄毛でで悩む人は、1,260万人とも言われ3人に1人の男性がAGAによる薄毛の悩みを抱えているとも言われています。



AGAの原因のひとつに、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)が特定されています。男性ホルモンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあります。



AGAの治療のために用いられるフィナステリドは、5αリダクターゼの阻害薬です。5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)は遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、主に頭皮と前立腺に存在します。



5αリダクターゼの活性は頭皮のDHTレベルを決定する要素となり、AGA、つまり、男性型脱毛症の原因のひとつとなることがわかったことから、AGAは、治療が可能とされています。



しかし、すべてのAGAが、5αリダクターゼの活性を阻害することで治療することができるとはいえないようです。また、AGA以外の脱毛症も存在し、こちらの治療法はいまだ確立されてはいません。



AGA / AGAチェック / AGAの治療法 / プロペシアと育毛 / ミノキシジルと育毛
| AGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAチェック

AGAチェックは、AGAを医療機関で治療するに当たって必要な検査です。AGAチェックは毛髪のDNA配列を解析することによってフィナステリド(プロペシア)の効果や、将来的なAGAのリスクを判定する検査であり、専門の医療機関で受けることができます。



AGAの主な原因とされているジヒドロテストロン(DHT)は毛乳頭細胞のX染色体上にあるアンドロゲンレセプター(AR)に作用して症状を発現させますが、X染色体にはARを覆い隠すような三次元構造を持つ特殊なDNA配列が存在します。



遺伝子は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という4つのDNA塩基の組み合わせにより成り立っています。これらの4種類の塩基は、3つを1組として、特有の配列で並ぶことで、ひとつのアミノ酸(タンパク質を構成する物質)を決定づけています。



AR遺伝子には、CAGとGGCという3つのDNA塩基配列が繰り返される部分が存在し、それぞれのリピート数には個人差があることがわかっています。CAGの繰り返し配列をCAGリピート、GGCの繰り返し配列をGGCリピートと呼んでいます。CAGとGGCのリピート数の合計数を調べることで、男性ホルモンに対するアンドロゲンレセプターの感受性の高さ、つまりAGAの遺伝的発症リスクを予測することが可能となります。



また、CAGリピートの数はフィナステリドの効果にも影響します。CAGリピートが少なければDHTの作用を強く受けるため、DHTの生成を抑える薬剤であるフィナステリド(プロペシア)の効果は高くなります。



AGAチェックは、CAGリピートだけを測定するものとGGCリピートも測定するものがあり、後頭部の毛髪を10本程度採取して検査します。CAGリピートなどは年齢によって変化することがないため、この検査の結果は生涯有効です。



AGAチェックは女性が受けることもできますが、女性に対するフィナステリド(プロペシア)の使用には多くの制限があります。



AGA / AGAチェック / AGAの治療法 / プロペシアと育毛 / ミノキシジルと育毛
| AGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAの治療法

AGAは、皮膚科などの医療機関で治療を受けることが出来ます。AGAの治療に使用されるのは、米メルク社が開発したフィナステリド(finasteride)で、日本では、プロペシアという商品名で販売されています。



AGAの治療法とは、プロペシアを0.2 mg あるいは 1 mg 1日1錠を服用することです。なお、必要に応じて適宜増減することができますが、1日1mgを上限とします。服用する時刻は自由です。プロペシアを服用できるのは成人の男性に限られ、女性、未成年は服用できません。



国内の臨床試験では半年で 48%、1年で 58%、2年では 68%、3年で 78% と髪が増える人が治療期間が長くなるほど増加しています。また髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっています。頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果があるとされています。



プロペシアを服用するには、医師の処方が必要です。フィナステリドは、1997年12月22日、FDAが男性型脱毛症の治療薬として認可したもので、世界60か国以上で承認されています。日本では、1年間の臨床試験を終え、2005年10月に厚生労働省に承認され、同年12月にプロペシアとして発売となったものです。



プロペシアは、医師の処方する他の医療用医薬品とは異なり、薬価基準未収載品であるため健康保険で算定されない、つまり、保険の適用とはならない医薬品です。



そのため、薬剤費を含め、診療費、調剤料などは自由診療となり、全額自己負担になります。そして、その負担額は医療機関によって異なります。



それは、病院や薬局ごとに卸からの仕入れ価格などが異なるなどが影響しています。販売元の万有製薬(現:MSD)では、目安の価格として参考薬剤価格を1錠250円(税抜き)としています。薬剤費とその他の負担額(診察料、調剤料)などを含めると1か月9,500円〜13,000円程度のところが多いとされています。一般的に都市圏ほど安く処方する医療機関が多いようです。

プロペシア 最新一覧 By 楽天



AGA / AGAチェック / AGAの治療法 / プロペシアと育毛 / ミノキシジルと育毛
| AGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。