スポンサードリンク

炭酸水

炭酸水による洗髪に育毛効果が期待できるといわれています。炭酸水とは炭酸ガス、つまり二酸化炭素を含む水のことです。



炭酸水で洗髪をするとシャンプーを使用しなくとも、頭皮の皮脂汚れを落とすことが出来ます。炭酸ガスはたんぱく質に吸着する性質を持っていることから、頭皮の表面に残る古い角質や過酸化脂質など頭皮に不要なものをたんぱく質に付着して頭皮から引き離し、毛穴に詰まった老廃物も取り除く効果を期待できます。



炭酸水は弱酸性で抗菌作用を持っているので、頭皮に使用すると育毛の妨げとなる原因になっている細菌などを頭皮を痛めることなく抑制してくれます。



炭酸ガスは水にも油にも溶けやすい性質を持っていて、水と油が混ざった状態の皮膚に対して高い浸透力があります。しかも、炭酸水中の炭酸ガスは酸素に比べて25倍の透過性を持っています。



炭酸水の炭酸ガスは、高い浸透力により、頭皮のなかに浸透し血管を拡張し、血流を促進させ頭皮のすみずみまで酸素や栄養を運んだり、老廃物の排出を促進することで、血流が滞ることが原因の脱毛を予防するなど健康的な頭皮を期待することが出来ます。



ちなみに、洗髪で濡れた頭髪は、頭皮の常在菌の繁殖を防いで脱毛を防ぐためにも自然乾燥ではなくドライヤーを用いてすばやく乾燥させた方が良いとされています。



天然には、炭酸ガスが含まれている炭酸泉があります。また、入浴剤などで炭酸泉を人工的に楽しめるものもあります。炭酸泉は、水中の炭酸ガスが皮膚から吸収され、毛細血管を広げることによって、血液の循環をスムーズにしてくれます。その結果冷え性の改善や疲労回復などの効果を期待できます。



また、炭酸水を食前に一杯飲むことでダイエット効果が期待できるともいわれています。これは、ある程度飲むことで、満腹感を味わえることで、食べすぎを防げるのを期待してのものです。ダイエットには500mlがおススメとされています。



また、胃や腸の粘膜を炭酸ガスが刺激し、胃腸の働きを促進することで便秘予防に効果があるともいわれています。便秘には150ml〜200ml程度がおススメで、食欲増進効果もあります。



炭酸水は、熱ショックタンパク質(ヒートショックプロテイン)を増やすといわれています。熱ショックたんぱく質は、傷ついたからだを修復したり免疫力を上げるなど万能のタンパク質といわれています。



熱ショックたんぱく質は、体温が38℃くらいになると増えると言われていてふつうのお湯ではよほど長湯をしないことには増えないといわれていますが、炭酸水の場合、例えば38度〜39度くらいのお湯に20〜30分くらいつかることで効果があるという報告があります。



また炭酸水を使って鶏肉を蒸すと、肉のタンパク質を分解して柔らかくしたり、魚を炭酸水で洗うとぬめり・臭みをとる効果があり、米を炊くと粒が立ったご飯が炊けるといわれています。



炭酸水を飲みすぎると下痢をしたり炭酸酩酊という酒に酔ったような状態になることもあるので、飲みすぎには注意が必要です。

炭酸水 最新一覧 By 楽天
| 炭酸水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。