スポンサードリンク

L−シスチンとL−システイン

L−シスチンは、毛髪や爪を構成するタンパク質のケラチンに豊富に含まれるアミノ酸です。人の表皮のタンパク質中のシスチン含量は約3%程度ですが、毛髪のケラチンには、約18%のシスチンが含まれています。L−シスチンは毛髪の大切な材料のひとつといえます。



L−シスチンは、L−システインの安定形で、システインがジスルフィド結合により2個結合したものです。これらは、酸化還元反応で相互に変換することから、栄養学的な利点はほぼ同一といえます。



L-システインには、肝臓の機能を向上させる働きがあります。システインは硫黄を含んでいて、デトックス(解毒)作用があるアミノ酸です。肝臓は、腸で吸収された様々な物質の「代謝」、「排泄」、「解毒」などを行い、それらに必要な酵素を作り出しています。



L-システインは、必須アミノ酸のメチオニンから肝臓で作られることで、毛髪や、爪、肌のケラチンとなります。つまり、L-システインは、毛髪の原料となるだけでなく、肝臓の機能を向上させることで毛髪の健康に関与する稀有なアミノ酸といえます。



肝臓の機能を向上させることで、毛髪の健康だけでなく、クスミや、シミの原因であるメラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンも排出する働きがあり、肌のターンオーバーを促進することで、しみの改善を期待できるとされています。そのほかにも、傷の治癒 促進、ブドウ糖の代謝、重金属の排出を促すといわれています。



さらに、肝臓でのアルコールの分解に使用され、二日酔いを予防、改善に役立ち、過剰に生じるフリーラジカルの害から体を守る働きもあるとされています。そして、肝臓の働きを良くすることから、疲労回復効果もあります。肝臓の機能改善の医薬品としても使用されています。



L-システインの摂取量の目安は、1日あたり、250〜500mgとされ、これを1〜3回に分けて摂ることが推奨されています。また、併せて摂りたい栄養素としては、ビタミンB群(B1、B2、B6)と ビタミンCがあります。

L−シスチン/L−システイン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。