スポンサードリンク

メチオニン

メチオニンが、育毛・発毛効果が期待できるアミノ酸のひとつといわれています。メチオニン(methionine)は、体内で合成することが出来ない必須アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸のシスチンの材料となります。



シスチンは、髪を構成しているタンパク質の、99%を占める約18種類ものアミノ酸が結合してつくられた「ケラチン」にあって最も多く含まれているアミノ酸です。そのため、メチオニンが、育毛効果があると考えられています。



メチオニンは硫黄を含んだ含硫アミノ酸の一つで、タンパク質中での含有量は多くはありませんが、生体内ではメチル基供与体として重要な役割を担う必須アミノ酸です。脂質代謝に関与し肝機能の維持に重要です。



メチオニンは、肝機能をサポートするほか、血中コレステロール値のコントロール機能、強力な抗酸化力も併せ持っています。また、かゆみやアレルギーの原因となるヒスタミンの血中濃度を下げることでも有名で、医療用としては抗うつ剤としても利用され、総合失調症、パーキンソン病の改善に有効とも言われています。



加えて、鉛をはじめとする有害重金属の排泄剤としても有効性が高いため、水質、土壌、空気などの環境汚染、飲食物などの食物の汚染物質のデトックス効果が期待されています。



メチオニンは食品の栄養強化などにも使われています。メチオニンは、生体内で抗酸化物質の一つグルタチオンや肝機能の向上に効果があるタウリンに変換されます。また、免疫増強作用などが報告されています。長期にわたって大量に摂取した場合には、他のアミノ酸に比べ毒性が出やすいといわれています。



例えば、メチオニンの摂取による副作用としては、血中ホモシステイン濃度を上昇させるので、動脈硬化症を引き起こす可能性があることや、メチオニン、塩分、亜硝酸塩に富む食事により、胃がんのリスクが増加する可能性があることが指摘されていて、さらに、メチオニンは既存の肝障害を悪化させることがあるので、重篤な肝疾患を持つ人は注意が必要とされています。



メチオニンは、脳の記憶や学習などに重要な役割をもつ神経伝達物質アセチルコリンの材料であるコリンの体内での合成を促進することから、脳の活性に効果があると期待されていて、抗疲労物質としても働くとされています。



さらに、メチオニンは、リン脂質の代謝に大きな役割を持ち、不足すると肝臓や腎臓に障害が起き、「むくみ」を生じますが、大量に摂取すると脂肪肝の原因になります。



アミノ酸のリジンとともに、体内の脂肪燃焼に必要なL-カルニチンを合成する作用がありますが、この際に、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6、鉄分を必要とします。



メチオニンは、アルギニン、グリシンとともに、クレアチンが体内合成される際の材料となります。クレアチンは、体内のエネルギー産出に重要な役割を果たしています。クレアチンの合成能力の減少が、年齢とともに体力が衰える原因のひとつといわれています。



メチオニンは、システイン、タウリンとともに含硫アミノ酸ですが、体内のフリーラジカル(活性酸素)を不活性化し、抗酸化物質のレベルを上げ老化を防ぐ作用があるとされていて、毛髪の成分となるとともに育毛効果が期待されています。



メチオニンの1日摂取量の目安は、成人男性の場合、体重1kg当たり13mgといわれています。

メチオニン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。