スポンサードリンク

成長ホルモン

成長ホルモンの体内分泌量の減少が、はげ・脱毛や薄毛などの老化現象を引き起こすと考えられています。したがって、成長ホルモンを直接補うかあるいは分泌を促すことで育毛効果を得ることが出来るとする考えがあります。



成長ホルモンとは、脳下垂体前葉のGH分泌細胞 (somatotroph) から分泌されるホルモンで、人間の体内で生成されるホルモンをヒト成長ホルモンといい、一般にHuman Growth Hormone(ヒューマングロースホルモン)、略してHGHと呼ばれています。



医療としては、生まれつき成長ホルモンの分泌量が極端に少ない子供に対して成長ホルモンの注射療法が行われます。しかし、成長ホルモンは191個のアミノ酸からできていることもあり、これはかなり高額の治療法としても知られています。



成長ホルモンの注射療法のように成長ホルモンを直接補う方法とは別に、成長ホルモンの分泌を促す成分を摂取することで成長ホルモンの体内量を増やす方法があります。この中心となるのがアミノ酸です。



成長ホルモン分泌を促進するアミノ酸には、L−アルギニン、L−グルタミン、L−リジン、L−トリプトファン、L−フェニルアラニン、L-オルニチン、L−メチオニン、L-チロシンなどが知られています。



さらにアミノ酸が、体内で効率的に効果をもたらすには、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC や抗酸化成分などもバランスよく摂ることが推奨されていて、これにより高い成長ホルモン分泌効果が期待できるとされています。



成長ホルモン(HGH)が分泌されるのは成長期である10代が最も多く、20代に入ると分泌量は急激に減少し、40代で約半分に、80代では20分の1にまで減少すると一般的には考えられています。



さらに、人によって成長ホルモンの分泌量が異なるのは、不規則な生活、運動不足、睡眠不足、栄養の偏りなども、年齢に関わらず成長ホルモン(HGH)の分泌量を減少させる原因となると考えられているからです。



また、成長ホルモンが年齢とともに減少してしまう原因の一つに成長ホルモンの『天然抑制因子ソマトスタチン』の存在が上げられています。この「ソマトスタチン」という成分は、成長ホルモンの分泌を抑える働きを持つことで、ソマトスタチンが体内で増加することによって成長ホルモンの分泌が減少するとされています。



そして、アミノ酸には、ソマトスタチンが体内で増加するのを抑制する作用もあると考えられていて、L−アルギニンは3倍、L−グルタミンは約4倍、L−リジンは約10倍の成長ホルモンの増加を確認したという研究報告もあります。



成長ホルモンは、内分泌器官に作用して、体の器官や組織の発達に関与することが知られています。最も端的にあらわれるのは身長です。しかし、これは、タンパク質の代謝、電解質のバランス、炭水化物の代謝などに関与し、また体が脂肪をどのように使うかなど、からだの組織全体をコントロールする働きがあることを意味します。



したがって、成長ホルモンの減少は、毛髪が細くなったり、白髪が増えたりするだけでなく、疲労からの回復が遅くなったり、なかなか疲れが抜けなくなり、筋肉や骨が衰え、肥満や体重の急激な減少、肌のハリが失われ、しわが目立つようになり、記憶力や集中力の低下、意欲喪失、性機能の低下、視力減退、免疫力の低下、関節の異常、更年期障害、睡眠の質の低下 などをもたらすと考えられています。

成長ホルモン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。