スポンサードリンク

昆布で育毛

昆布が育毛に効果があるようです。古くから昆布やワカメなど海草には育毛効果があるとされていましたが、どうやら本当に効果があるようです。



遺伝子をはじめ、バイオテクノロジー分野の研究で幅広く知られるタカラバイオ株式会社によるとガゴメ昆布に含まれるフコイダンには、毛乳頭細胞からFGF-7 (Fibroblast growth factor-7)の遺伝子発現やタンパク質産生を高める作用があるというのです。



FGF-7は、23種類確認されている線維芽細胞増殖因子(英: Fibroblast growth factors)のひとつで、毛母細胞の増殖を促進し、毛髪の成長期を長く維持することで、育毛に繋がると考えられているタンパク質です。



FGF-7は、角化細胞増殖因子、角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子と訳されている、別名KGF(keratinocyte growth factor)とも呼ばれています。



KGF受容体は、皮膚の毛嚢だけでなく、脂腺、舌、口腔粘膜、食道、胃、腸、唾液腺、肺、肝臓、膵臓、腎臓、膀胱、乳腺、眼球水晶体といった多くの組織の上皮細胞に存在していることがわかっており、この受容体型チロシンキナーゼと結合して細胞内に シグナルを 伝えます。



発毛に関しては、FGF-7が毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖、分裂を促すことで毛髪成長を させると 解釈されています。



したがって、ガゴメ昆布に含まれるフコイダンを頭皮に塗布することで、男女を問わず、育毛効果が期待できるというわけです。



タカラバイオ×LPLPが実現した《ハイブリッド育毛》







スポンサードリンク



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。